辛い選択。

今日も一晩なんとか無事乗り越えました。
今朝は少し調子がいいようで ゆっくり部屋の中を巡回してまわっていました。
昨日までより顔つきもいいみたい。
腕とお腹の毛を刈られたところが痛々しい…。
皮下点滴がお腹や後脚に下がってタプタプしているのが歩きにくそうだけど 
起き上がれる様になってヨカッタ(ノд・。)

DSC_0237.jpg







追記:
お昼に点滴を受けに病院へ行くと 大学病院から出していた血液検査結果が来ていました。
インスリンの結果は問題なかったのですが 
猫コロナウイルスと猫伝染性腹膜炎(FIP)に感染していると説明されました。
点滴治療を続けて行けばもしかしたらこの先も生きて行けるかもしれないと 
わずかな望みがあっただけに ショックは大きいです。

今後どうして行くかお家で考えてくださいと言われて 
いくつか選択肢を教えてもらいました。
この先も時がくるまで点滴通院に通うか。
通院のストレスを減らすために自宅で点滴をして最後を待つか。
ストレスになる治療はすべてやめて自然のままにしてあげるか。

どうしたら一番このこにとっていいのか 正直わかりません。



COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

お猫様

ぷろふ

◉ライム♂ 2011/08/18生。
2011/10/08に我が家へやってきました。
体重測定

ぷろふ

◉ネコくん。♂ 2003/10/18生。
猫伝染性腹膜炎、低血糖症。
2011/3/21永眠 (満7歳)
プロフィール

yamaneko

Author:yamaneko
◉山猫。♀
猫とカメラをこよなく愛す。

コメントお気軽にどうぞ~♪
URLペタしていってくださったら後ほどお邪魔しますね。
相互リンクしていただけると喜びます♪

*アメブロなどでコメント限定設定されてる場合
ポチだけさせていただきますね。

♪愛用品♪

ロイヤルカナン フィット 


 
クリスピーキッス   ちゅーる



プチボンボン






トイレ砂      イヤークリーナー
おすすめ





FC2
ぽちっと応援ヨロシク
らいむ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ

人気ブログランキングへ